スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかんだでハマった「間違われちゃった男」 第7話

日付が6月19日に変わった頃、寿司政の個室で床につくため布団を敷いていた沢木(古田新太)に舎弟のヤス(中丸雄一)は、源さん(大河内浩)がセツコさん(石田えり)に別れてくれと切り出している場面を偶然目撃したことを告げる。みんなが感動した2人の結婚30周年のパーティーのあと、誰もいない寿司政の店内で源さんはこのまま一緒にいるとセツコさんに迷惑がかかるから、これ以上迷惑をかけたくないから別れてくれとセツコさんに泣きながら懇願していたのだという。

その話を聞いた沢木はいてもたってもいられなくなり、包丁を取り出して作業の準備に取りかかる。沢木いわく、源さんがセツコさんにそんなことを言い出したのは、源さんが何かとんでもないことをしてでも自分を犠牲にしてもこの寿司政の窮地を救おうとしているからで、そのためにセツコさんに離婚の話を持ち出したに違いないと言う。もし、自分が沢木ではなく、本当に10年前に飛び出していった腕利きの寿司職人のテルだったら、源さんをそこまで追い込むことも秋子(戸田菜穂)や春子(佐藤めぐみ)にも悲しい思いをさせることなく、寿司政を救うことができるのだと、沢木は魚をさばきはじめる。いつになく真剣な沢木の様子を見て、ヤスもシャリを作り始める。

秋子が銀座でのバイトから疲れて帰ってきた深夜2時半。沢木とヤスの2人はまだ作業を続けていた。必死に寿司を握る2人の姿を見た秋子は…。


アイドルファンブロ応援団
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

Author:じゃじゃじゃじゃに~
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SEOパーツ
  • SEOブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。